新世代自動車について学ぼう

新世代自動車の利点

電気自動車などの新しい機関をもつ新世代自動車は、いままでのエンジンの力でで走行する自動車と外見はあまり変わりません。しかし、使用される部品や自動車の運用方法などがまったく異なります。
以前までの車は、運転席でキーを回してエンジンを始動させ、燃料が空になったらガソリンスタントで給油するという流れでした。

 

ところが、電気自動車や燃料電池車は違います。キーはなく、スタートボタンを押すとメーターが点灯。アクセルを踏むと静かに発車します。

 

燃料の補給方法も違います。電気自動車は電気が動力源なので、給油ではなく「充電」をお粉います。今は充電スタンドの増設が進んでいるほか、自宅のコンセントから充電することも可能です。

 

このようなエンジン駆動車と電気自動車などの差は、駆動システムの違いがメインとなります。従来の自動車はガソリンや軽油などを空気と混ぜて燃焼させエネルギーを得ます。そのため、どうしても排気ガスが発生します。

 

しかし、電気自動車はバッテリーにためた電気でモーターを回転させるしくみのため、排気ガスはありません。燃料電池にしても、エネルギー源は水素となるため排気ガスの心配がないのです。