新世代自動車について学ぼう

新世代自動車の利点

電気自動車などの新しい機関をもつ新世代自動車は、いままでのエンジンの力でで走行する自動車と外見はあまり変わりません。しかし、使用される部品や自動車の運用方法などがまったく異なります。
以前までの車は、運転席でキーを回してエンジンを始動させ、燃料が空になったらガソリンスタントで給油するという流れでした。

 

ところが、電気自動車や燃料電池車は違います。キーはなく、スタートボタンを押すとメーターが点灯。アクセルを踏むと静かに発車します。

 

燃料の補給方法も違います。電気自動車は電気が動力源なので、給油ではなく「充電」をお粉います。今は充電スタンドの増設が進んでいるほか、自宅のコンセントから充電することも可能です。

 

このようなエンジン駆動車と電気自動車などの差は、駆動システムの違いがメインとなります。従来の自動車はガソリンや軽油などを空気と混ぜて燃焼させエネルギーを得ます。そのため、どうしても排気ガスが発生します。

 

しかし、電気自動車はバッテリーにためた電気でモーターを回転させるしくみのため、排気ガスはありません。燃料電池にしても、エネルギー源は水素となるため排気ガスの心配がないのです。

 

今話題のハイブリッド、ノアの格安購入値引き術が紹介されています↓
ノアの値引きで<絶対必要>な条件とは?

 

ATはオイルを使ってパワーを伝達

 

AT(オートマ)はドルゴン式ATという方式が主流です。単にATと呼ばれるときは、ドルゴン式ATの場合がほとんどです。ドルゴン式ATは、オイルの流れでエンジンのパワーを伝えるトルクコンバーターと、複数のギアを搭載した副変速機から構成されています。

 

トルクコンバーターは、2つの歯車を向かい合わせて配置したような構造になっています。片方の歯車を回すと、オイルを経由してもう一方の歯車が回ることになります。

 

ATの内部では、プラネタリーギアというギアが利用されており、複雑な動力伝達メカニズムを実現しています。複数の多板クラッチが組み込まれており、これを切り替えて伝達経路を変えることでギア比を変更しています。ようするに、ATにもクラッチはあります。

 

昔は油圧制御によってクルマの速度やエンジン回転数などを変更していましたが、現在は電子制御でより複雑な制御を行っています。

 

ドルゴン式ATはトルクコンバーターは直接接続するわけではないので、効率が落ちてしまいます。そこで、今はロックアップクラッチと呼ばれる一種のクラッチによって、一定の速度になると自動的に直結するものが登場しています。

 

これまでATといえば、3速か4速程度しかありませんでしたが、現在は5速〜8速まで存在しています。ギア増えれると走りの効率がよくなるため、MTとそれほど遜色ない効率を実現することができます。

 

ディーゼルも注目のパワーユニットとなっています。トルクが強く燃費効率もいいので、今マツダを中心に開発が進んでおり、多くのファンを獲得しています。

 

中でも人気が高いのがCX-5で、登坂性能が高いのに燃料コストが安いので多くのドライバーの心をつかんでいます。LサイズSUVなので価格は300万円ほどしますが、購入コストダウンの方法を知っておけば安心です。
CX-5の値引きを限界まで獲得するには