モーターのサポートをするインバーター

インバーターの性能向上が電気自動車の快適さのカギ

電気自動車の場合、エンジン自動車との間に「走り心地」の違いがあります。エンジン自動車の場合はギアチェンジのタイミングで車体が揺れることがあり、振動が不快に感じる人もいます。

 

しかし、電気自動車はモーターの回転数とトルクがエンジンとは異なり、スムーズに加速できるためトランスミッションは基本的には必要ありません。そのため、揺れの少ない滑らかな走行が可能となるのです。

 

電気自動車のアピールポイントが「エコ」に向けられる傾向がありますが、それだけでなく静音性やなめらかな加速、そして快適な走り心地といった点も見逃してはいけません。

 

この快適さを実現しているのは、モーターだけのおかげではありません。インバーターの役割は、電流を制御し、モーターの過熱を防いだり、アクセルの踏込などに応じて電流量などをコントロールすることです。いわばエンジン車でいう「ギア」の役割を担っているわけです。

 

インバーターは電車にも搭載されており、速度調整や自動運転などを担当しています。

 

インバーターは小型化軽量化が進んでいるパーツです。今後の性能向上により、電気自動車のさらなる進化をもたらすはずです。